Inbound Marketing Strategy

インバウンドマーケティング支援

インバウンドマーケティングとは

インバウンドマーケティングとは、Webサイトやブログ、SEO、ソーシャルメディアなどを駆使することで見込み客に見つけてもらい、見込み客が抱える課題に対し有益なコンテンツを適切なタイミングで提供することで顧客化していくアプローチです。

なぜインバウンドマーケティングが必要なのか?

購買行動の変化

購買行動の変化

インターネットの普及で、実に89%のユーザーが購入前にWebサイト上で検索・検討し、検討プロセスの57%は営業担当者と会う前に顧客側で完了しているというデータがあります。

営業スタイルの変化

営業スタイルの変化

働き方改革や人手不足で、より多忙になった現代のビジネスマン。一方的な電話営業やアポイントなしの訪問などのアウトバウンドな営業スタイルは、多忙な相手の仕事を邪魔するネガティブなものになっています。

インバウンドマーケティングで92.7%の企業が見込み客を増加

インバウンドマーケティングを実施している企業の92.7%が見込み客獲得で大きな効果が出しているという結果があります。またHubSpotを利用されている企業の38.37%が、見込み客を実に100%超も増加させることに成功しています。

インバウンドマーケティングで獲得した見込み客の増加率

インバウンドマーケティングで92.7%の企業が見込み客獲得数を増加

※MITスローン経営学大学院による分析結果より

インバウンドマーケティングの全体ステップ

インバウンドマーケティングは潜在顧客から訪問者→見込み客→顧客→推奨者へとユーザーを転換する最も効率的かつ効果的な方法論です。

インバウンドマーケティングの全体ステップ

1.アトラクト(惹き付ける)

「アトラクト(ATTRACT)」は、潜在顧客を惹きつけ、自社企業サイトやオウンドメディアの訪問者に変える、最初の重要な集客ステップです。ここで重要なのは以下の4つです。

  • 潜在顧客の満足度を高める自社サイトやオウンドメディア
  • 潜在顧客が検索するキーワードに対応したSEO対策
  • ブログやオウンドメディアでの価値の高いコンテンツ提供
  • 適切なタイミングでのソーシャルメディア拡散
1.アトラクト(惹き付ける)

<ポイント>

残念ながら、日本の多くの企業サイトがこの段階の施策でとどまってしまっているのが現状です。自社サイトへの訪問ユーザーを増やすことは重要ですが、それ自体が目的ではありません。インターネットをビジネス成果につなげるためにはユーザーとの関係性そのものに注目し、顧客に転換していくインバウンドマーケティングの実行が必要なのです。


2. コンバート(見込み客に転換する)

次のステップ「コンバート(CONVERT)」では、訪問者を見込み客(リードとも言います)に転換します。見込み客とは「自社から連絡を取れる状態にある潜在顧客」のことで、このリストを増やすのは今後の営業活動にとって大きな意味を持ちます。転換の方法は、訪問者の課題解決に役立つEbookやホワイトペーパーをWebページ上に用意し、ダウンロードしてもらうのと引き換えにメールアドレスや会社名などの相手の情報を取得するのが代表的です。

2. コンバート(見込み客に転換する)

3.クローズ(顧客化する)

次がいよいよ見込み客を顧客へと転換する、「クローズ(CLOSE)」です。リードナーチャリング(見込み顧客の育成)と呼ばれるフェーズでもあります。Webサイトの閲覧履歴や配信メールへの反応などから、今その見込客が購買プロセスのどの段階にいるかを判断し、それに合わせたコミュニケーションで育成していきます。その中で自社に対する理解を十分に深めるとともに購買意欲を高め、「有望な営業先」として営業部門に引き渡し、顧客化します。

3.クローズ(顧客化する)

4.ディライト(顧客を満足させる)

最後が顧客を満足させ、喜んでもらうことで継続的な関係性を築くだけでなく自社を紹介してもらう推奨者に転換する「ディライト(DELIGHT)」です。
新規顧客を獲得するには、既存顧客の5倍以上のコストがかかると言われることから極めて重要です。ライバルに顧客を奪われることのないように顧客になった後も、引き続き価値のあるコンテンツや高いサービスを提供し続け、顧客を継続的に喜ばせる努力をすることで、自社の信頼と価値を高めていきましょう。

4.ディライト(顧客を満足させる)

「インバウンドマーケティング」についてさらに詳しく知りたい方はこちらをどうぞ

新規開拓・売上アップのためのインバウンドマーケティング入門

新規開拓・売上アップのためのインバウンドマーケティング入門

インバウンドマーケティングとは、米国で確固たる地位を築いているBtoB企業・製造業における最も効果的なマーケティング手法です。成果に繋がるマーケティング・営業戦略を構築したい方にお勧めの資料です。

資料をダウンロードする

インバウンドマーケティングのよくある質問

Q.どんな企業に最も有効ですか?

A. 基本的にはどの企業にも有効ですが、特に成果が出やすいのが下記パターンです。

(BtoB)

  • ソリューション型サービスの中小企業やベンチャー企業
  • 大手企業の新規事業



(BtoC)

  • 高額商品やライフタイムバリュー(顧客生涯価値)の大きいサービスの企業
  • 人材サービス企業
  • 企業の採用活動

Q. 効果が出やすい理由は何ですか?

A. 大きな理由は以下の4つです。

  • ユーザーがインターネット検索をして課題解決を求めていることが多い
  • 事業や会社の認知度が低い、もしくはニッチでアウトバウンドマーケティングが非効率
  • 見込み客獲得から育成、顧客化まで時間がかかる、
  • ニーズ発生のタイミング把握が営業にとって非常に重要



最近では、事業立ち上げ時と同時にインターネットを活用したマーケティング・営業戦略を考えるケースが増えてきています。インバウンドマーケティングの裾野は広がっています。

インバウンドマーケティングお取り組み事例

インバウンドマーケティングで顧客獲得、顧客関係を強化できビジネス成長につながっています。

・ウッドフレンズ様 ・丸菱工業様 ・中京重機様 ・ユニバンス様 ・NGK様(要相談)のロゴ
altを入れてください
株式会社ユニバンス様

ブランディング&マーケティングを実現できる、一歩先のWebサイトへ。

中京重機株式会社様

サイトリニューアル&HubSpotを使ったWebサイト運用でお問合せ2倍に。

株式会社ウッドフレンズ様

オンリーワンのビジネスモデルを支えるマーケティング

インバウンドマーケティングの機能すべてを備えた統合型プラットフォーム「HubSpot」

インバウンドマーケティングの機能すべてを備えた統合型プラットフォーム「HubSpot」

インバウンドマーケティング支援サービス


インバウンドマーケティング戦略策定プラン

インバウンドマーケティング戦略策定プラン

「インバウンドマーケティングの有効性はわかったが、何から始めていくべきかわからない」「始める前に、しっかりした理解とともにどう取り組んでいくべきか社内で議論したい」そんな企業担当者に向けた、インバウンドマーケティングを行う前の事前準備のプランです。


インバウンドマーケティングサイト構築プラン

インバウンドマーケティングサイト構築プラン

インバウンドマーケティング戦略策定を行った後、その戦略を元にHubSpotのCMS機能を使いWebサイトを一から構築するプランです。コンテンツ管理もCRM・マーケティングもすべてHubSpot上で、一貫性をもった施策がスピーディに行えます。


インバウンドマーケティング運用代行プラン

インバウンドマーケティング運用代行プラン

HubSpotを導入済みの企業様を対象としたインバウンドマーケティング業務を代行するサービスです。タービン・インタラクティブの専門家が、貴社のインバウンドマーケティング部門として、見込み客の獲得~見込み客の育成~商談創出までの施策をHubSpotを使って行います。



インバウンドマーケティング支援



Webに関することは何でもお気軽にご相談ください

お問い合わせ・ご相談

Web戦略・活用についてフォームからお気軽にご相談ください。

お問い合わせをする

お電話でのお問い合わせ

052-957-2455(名古屋)
03-6417-9803(東京)