News Release

2019年

タービン・インタラクティブ、HubSpotパートナー契約において日本で3社目の「プラチナ ティア」を獲得

  • ニュースリリース
  • 2019年08月19日

tier-platinum

株式会社タービン・インタラクティブ(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:志水哲也)はHubSpot Japan株式会社(本社:東京都千代田区、共同事業責任者:伊田聡輔、伊佐裕也)とのパートナーティアプログラムにおいて「プラチナ ティア」を獲得しました。

HubSpot社のパートナーティアプログラムとは、HubSpotの提唱するインバウンドマーケティングの考え方を幅広いお客様へ発信し、最高水準のインバウンドマーケティングサービスを提供しているパートナーを、高く評価するためのプログラムです。
当社がプラチナパートナーとなることで、現在の国内最高ランクであるプラチナパートナーは当社を含め3社となりました。

近年、製造業をはじめとして、Webサイト、Webマーケティングを活用して見込み顧客を獲得したいと考えるBtoB企業が増加しています。タービン・インタラクティブは、BtoB企業向けのマーケティングとクリエイティブをワンストップで提供するWeb制作会社として、HubSpotを基盤プラットフォームとしたWebマーケティング戦略策定、戦略支援、およびWebサイトの構築事業を推進し、今後もより一層のサービス向上に努めて参ります。

なお、「プラチナ ティア」獲得を記念して、これまでのタービン・インタラクティブの取り組みを紹介する「HubSpot プラチナパートナーまでの1,737日」をウェブサイト上で連載コンテンツとして順次公開していきます。
以前はWeb制作のみの会社であったタービン・インタラクティブが、なぜBtoBマーケティング支援を中心に事業を進める決断をしたのか。数あるMAツールの中からなぜHubSpotを選択したのか、など、事業を進める中での苦労や失敗談を公開していく予定です。


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社タービン・インタラクティブ
経営管理チームTEL : 052-957-2455
お問合せフォームURL : https://www.turbine.co.jp/inquiry/form/others.html


■HubSpot(ハブスポット)社について
HubSpotは世界有数のインバウンドマーケティング及びセールスプラットフォームです。2006年より、「世界をもっとインバウンドにする」ことがHubSpotのミッションとなり、今⽇100カ国・60,000社以上の企業がHubSpotのソフトウェア、サービス、サポートを利⽤し、⾒込み客を惹きつけ、顧客に転換させ、喜ばせています。テクノロジーニュースサイトVentureBeatやビジネスソフトウェア・サービスレビューサイトG2Crowdには「顧客満⾜度第1位」として選ばれ、HubSpotのインバウンドマーケティングソフトウェアは、ソーシャルパブリッシングとモニタリング、ブログ、SEO、CMS、メールマーケティング、マーケティングオートメーション、レポートと分析といった機能を⼀つのパッケージで提供しています。HubSpotは⽶国マサチューセッツ州ケンブリッジ市を拠点として世界9箇所にオフィスを展開しており、2016年には⽇本にもHubSpot Japan(本社 東京都千代⽥区)を設⽴。国内での導⼊展開を積極的に進めています。

■HubSpotについて
HubSpotは、訪問者を惹きつけ、リードを顧客に転換し、顧客を獲得するためのマーケティング(インバウンドマーケティング)を実施するため、HubSpot社が開発しているソフトウエアプラットフォームです。マーケティング活動を自動化できるマーケティングオートメーション(MA)の機能をはじめ顧客情報を管理できるCRM機能、Webサイト構築できるCMS、営業活動を効率化するSales機能などを搭載しています。

詳しくはhttps://www.hubspot.jpをご覧ください。